日本下水道新聞 電子版

2023年75日 (水) 版 PDF版で読む 別の日付を表示
2023年75日 (水) 版

2023年度 第1回 水道・下水道のこれからを考える実務者のためのウェビナー、7月25日 参加無料 日本水道新聞社主催、聴講登録を開始 マイクリップに追加

2023/07/05 総合 その他

ウォーターPPPが導く水道・下水道の姿

 政府のPPP/PFI推進アクションプランにおいて、官民連携による管理・更新一体マネジメント方式とコンセッション方式の双方が「ウォーターPPP」と称する定式手法として提示されました。ウォーターPPPは、政府が導入推進を目指す公共施設等運営事業(コンセッション)への段階的移行を念頭に置いたものとされ、令和13年度までに水道分野100件、下水道分野100件、工業用水道分野25件という具体化目標についても合わせて示されています。今後、水道・下水道の国庫補助要件としてもウォーターPPPの採否検討が課されることになります。

 水道行政が厚生労働省から国土交通省と環境省に移管され、水道整備・管理行政の移管先となる国交省では水道・下水道行政が一体所掌されることが有力であり、水道行政移管とウォーターPPPの推進は、水道・下水道行政の変革のシナジーとなることが考えられる一方、事業現場への導入には課題も想定されます。

 本ウェビナーは、水道・下水道関係者におけるウォーターPPPのイメージを明確化するとともに、官・民双方の立場からウォーターPPPをいかに活用するかのヒントを提示することを狙いとしています。

 聴講は無料で、公的セクターの方はZoomにて(先着500人、質疑参加可能)、それ以外の方にはYouTubeでのライブ配信を予定しております。奮ってご参加下さい。

■開催日時 7月25日(火) 13:15-16:00

■ウェビナープログラム ※演題はすべて仮題

 〇基調講演 PPP/PFI推進アクションプラン令和5年改定版とウォーターPPP

  茨木 誠 内閣府民間資金等活用事業推進室 企画官

 〇講演 上下水道の官民連携の歴史・経過とウォーターPPP

  EYストラテジー・アンド・コンサルティング

 〇事例紹介 全国のウォーターPPPの類似事例の動向

  日本水道新聞社

 〇ディスカッション ウォーターPPPがもたらす変化(仮) 進行:日本水道新聞 記者 武田教秀

  〈コメンテーター〉浦上 拓也 近畿大学経営学部教授

  〈パネリスト〉宮崎 隆生 荒尾市企業管理者/湯澤 靖宏 群馬東部水道サービス企画管理部長/福田健一郎 EYストラテジー・アンド・コンサルティング 

■聴講対象者:水道実務者

■聴講料:無料

■登録方法:日本水道新聞社ウェブサイトの専用登録ページより申し込み(登録者には後日、参加URL、配信URLをご連絡します)

■主催:日本水道新聞社

■協力:EY Japan

■配信方法:Zoomウェビナー(公的セクターの方優先、上限500人)およびYouTubeLiveによる配信(聴講者数制限なし)


総合の過去記事一覧

×
ようこそ、ゲストさん。
新規会員登録 ログイン 日本下水道新聞 電子版について