日本下水道新聞 電子版

2024年117日 (水) 版 PDF版で読む 別の日付を表示
2024年117日 (水) 版

PPP推進強化へ NJS、4月1日付でオペレーションズ本部設置 マイクリップに追加

2024/01/17 産業 企業

 NJS(村上雅亮社長)は、上下水道事業におけるPPP推進強化を目的に、「オペレーションズ本部」を設置することを明らかにした。4月1日に組織改編する。インスペクション、ソフトウェア等の社内資源を集約・統合し、今後事業化を加速していく。

 上下水道事業におけるPPP/PFIが政府主導の下で拡大傾向へと進む中、同社では2030年目標としてオペレーションビジネスおよび関連ビジネス全体で現状の1.5倍(売上高330億円)の達成を掲げている。その鍵となるオペレーションビジネスの拡大について、同社では昨年8月に「オペレーションカンパニーを目指す成長戦略」を公表するなどオペレーションに関わる社内リソースの活用・集約・統合を示唆していた。

 4月以降、管理本部、グローバル本部、水道本部、そしてオペレーションズ本部の4本部体制となる。現・開発本部を廃止し、開発本部システム開発部とドローン開発部の機能をオペレーションズ本部に移管する。システム開発部はソフトウェア部に、ドローン開発部はインスペクション部に改称する。

 所轄部署は企画営業部、ソフトウェア部、インスペクション部、推進センターの3部1センター制。今回新設される企画営業部は、PPPのプレイヤーとして案件形成や営業活動を担当。推進センターはPPPにおけるJVやSPCの組成・管理を担当する。一方、PPPに関する導入可能性調査やモニタリング業務は同社各事務所が担当することで中立性を確保できる体制とする。


この記事を見た人はこんな記事も見ています

産業の過去記事一覧

×
ようこそ、ゲストさん。
新規会員登録 ログイン 日本下水道新聞 電子版について